原因

包茎のペニスは、何かしらの性病を引き起こしやすいというようにいわれています。
その中に、「亀頭包皮炎」というものが存在してきます。
もちろん、この「亀頭包皮炎」も包茎の男性が主にかかる病気の一つなのです。

一般的に、包茎であっても亀頭を清潔に保っていれば病気を引き起こすことは防げるかもしれません。
ですが、この「亀頭包皮炎」は何度も繰り返すというのも大きな特徴の一つになりますので、何度も繰り返すようであれば最悪、手術が要するケースもあるのです。
上記にも述べましたが、「亀頭包皮炎」は包茎の男性に引き起こしやすい病気になります。
その原因としまして、包茎の場合は亀頭を包皮が覆っているため、亀頭と包皮の間に恥垢が溜まりやすくなってしまいます。

恥垢というのは、尿や精液が固まったカスであり、立派な病原菌の一つです。
そこに雑菌が繁殖したもので、悪臭を放ちとても不潔なものなのです。
性行為や自慰行為などによって、亀頭や包皮にキズができると、恥垢に繁殖していた雑菌が傷口から入り込みます。
それにより亀頭や包皮が炎症を起こしたものが、「亀頭包皮炎」です。

この「亀頭包皮炎」は、恥垢が最もの原因ですので、恥垢が溜まりやすい包茎のペニスが主に掛かってしまうのです。
ですが、「亀頭包皮炎」は女性から「淋菌」や「カンジダ菌」が感染することにより起こることもありますので、女性との性行為の際にも十分に注意が必要となってくるのです。



[PICK UP]
性病の予防にもなる包茎の手術を施術しているクリニックのサイトです ・・・ 包茎の手術

Copyright © 2014 包茎が引き起こす亀頭包皮炎 All Rights Reserved.